健康診断で腫瘍が発覚した大治郎くん、身体の症状としては全く何も出ていなかったのですが、

悪性の可能性が見つかり… 摘出を勧められ臓器ごと摘出手術になったとのことです。
ただ術後もとっても元気で、手術後も獣医さんがびっくりするほど早く回復したそうです。

飼い主さんより、次のメッセージをいただきました。

——————————–

2年前、犬の栄養士をされている方に勧められ、手作り食に移行しました。
手作り食に移行してからすぐの健康診断で大治郎(当時6歳)に副腎の腫瘍が見つかり
副腎ごと摘出手術をすることに。
手術自体にも命の危険があり、成功してもその先どうなるかはわからない、とのことでした。
腫瘍が発覚してから手術まで本当に辛い日々でした。
ご飯も今までの通りドライフードが良いのかこのまま手作りでよいのか散々悩みました。
手術は成功しましたが今後の転移や再発を考えると今まで以上に食事のことで悩み・・・。

そんな時にどこかのブログでパフィーズナチュラルライフさんのサプリを知って、すぐに購入しました。

バウンシーとアスタミアをあげ続けて2年。

現在も転移も再発もなく片方になってしまった副腎も頑張ってくれていて、
他の大きな病気にかかることもなくとても元気です。
8歳になり以前よりはおっとりとしてきたものの、毎日良く食べ良く遊び、良く寝て毛艶も良く、若く見られます(笑)。
大治郎も源之介もヨークシャテリア系のミックスのせいか皮膚が弱くて梅雨の時期は膿皮症や指間炎に悩まされはいるのですが、それも少しずつ緩和されているように思います。
バウンシーとアスタミアがゆっくりと優しく効いてくれているのだと思っています。
何よりバウンシーとアスタミアは私の手作り食への自信のなさを補ってくれていて、
これを入れてあげているから大丈夫!と。
手作り食を与える上で自信をもって楽しく用意できるのは大きいと思います。

この先何が起こるかわからず定期的なレントゲンやエコー検査は欠かせませんが、
少しでも長く大治郎と源之介が元気で楽しく暮らせるように頑張ります。
バウンシーとアスタミアにはずっとお世話になる予定なのでこれからもどうぞよろしくお願いいたします。

—————————  ここまでが引用

 

左)大治郎くん8歳   右)源之介くん3歳