Bouncy は、「はずむような」(”Bouncy”)動きができるようになることを願ってつくられました。

「引き算」を考えたデトックスのサプリメント。
利尿によるデトックスと足腰のサポートを中心に考えた素材配合。

♡ 特に、こんなワンちゃん・ネコちゃんに
① アレルギー・皮膚病
② シニア(足腰・臓器)
③ 肝臓や腎臓などが悪い子
④ 腫瘍
⑤ 足の短い犬種・大型犬(足腰)

Bouncy Premium Spring and Summer Blend

  • こころを込めたハンドメイド
  • 米国またはヨーロッパの認証ハーブを中心としたオーガニック100%
  • 小型・中型・大型のサイズに最適な配合!
  • 春のアレルギーからの犬を守る機能を強化!
  • 味が苦手な子のためにより少量で同じパワフルさを実現

Small Dogs (0-8 kgs)

3,395 Yen 本体価格(税抜) (15g)

  • 小型犬の代謝に最も合う配合に
  • 小型犬に共通するお悩みに最も合う配合に
  • プレミアムならではの鮮度の高さをより体験していただける小さめサイズ
小さな犬の健康についてもっと読む



Medium (8-17 kgs)

4,495 Yen 本体価格(税抜) (30g)

  • 中型犬の代謝に最も合う配合に
  • 中型犬に共通するお悩みに最も合う配合に
中型犬の健康についてもっと読む



Large (17 kgs and up)

6,695 Yen 本体価格(税抜) (60g)

  • 大型犬の代謝に最も合う配合に
  • 大型犬に共通するお悩みに最も合う配合に
大型犬の健康についてもっと読む



原材料
ターメリック、ネトル、パンプキンシード、ダンデライオンルート、クロレラ、バードック、ジンジャー、ミルクシスル、ジャーマンカモミール、アルファルファ、エルダーフラワー、カレンジュラ  その他の材料:フィッシュパウダー
賞味期限

製造日から3カ月(未開封)
開封後は冷蔵庫保存でお願いいたします

一日の最低使用量(目安)
超小型犬(~4kg) 1/2粒
小型犬(4~9kg) 1粒
中型犬(9~18kg) 2粒
大型犬(18~32kg) 3粒
超大型犬(32kg~) 4粒

Bouncy(60g、約60粒入) ¥3,899 本体価格(税抜)

 

**別添のプラスチックスプーンについて

2018年1月発売のプレミアムから、スプーンが変わりました。
中に収まり、これまでより大きなサイズとなっています。
分量については、パッケージの記載も新しくしておりますので、そちらをご覧ください。

プラスチック全般について、欧米以外でも製造・使用を制限する法律ができてきたりと、プラスチックの環境負荷が大問題となっています。弊社でもプラスチックボトルの廃止に伴い、スプーンについても代替材料を、引き続き模索していく予定です。

 

弊社では当初よりできるだけプラスチックやビニールを使用しない包装を心がけておりますが、今後もオンライン販売用の紙包装、リサイクル材使用などを中心に、環境対応を続けてまいります。ご協力お願いいたします。

成分表示  Each bottle has 60 chewable tablets (100%表示しています)
13の材料のうち、11種類はアメリカ農務省オーガニック認証品

Fish cartilage:魚の軟骨
関節のトラブルには、グルコサミンとコンドロイチンがいいとされています。この二つは、同時に摂取すると関節の痛みや炎症を軽減するという多くの研究結果が出ています。グルコサミンやコンドロイチンは、人工合成のものがたくさんあり、その方法は様々ですが、例えばグルコサミンを人工的に抽出する場合、軟骨魚をHCl(塩酸)で処理して合成するのがよくある方法です。魚の軟骨には自然の配合でこの二つが含まれています。
Organic Green Lipped Mussel: 緑イ貝
ニュージーランドのマオリ族が「奇跡の貝」と呼んでいる緑イ貝には、たんぱく質やミネラルが豊富に含まれています。魚の軟骨同様、緑イ貝にはglycosaminoglycans という有効成分が含まれていますが、これは関節の結合組織を構成している重要な要素です。
Organic Turmeric root: うこん
うこんは、世界中で体によいスパイスとして様々な料理に使われてきました。抗炎や抗酸化など、様々な効果があります。うこんにはクルクミンという成分が含まれていますが、クルクミンはリューマチの治療に使われてきたものです。
Organic Devil’s Claw root: デビルズクロー
デビルズクローは、アフリカに自生する薬草で、ヨーロッパでもリューマチをはじめ、神経痛、半身麻痺、内臓のトラブル、動脈硬化など様々な症状に古くから使われて来た万能薬です。デビルズクローにはiridoid glycosides という成分が含まれていて、その中でも harpagoside は特に注目に値します。
Organic Pumpkin seed: かぼちゃの種
関節に問題のある犬にとって、骨を構成するミネラルの摂取はとても大切です。かぼちゃの種は、マグネシウム(人間の体の50%のマグネシウムは骨に含まれています)、カルシウム、カリウム、鉄などを豊富に含んだ食べものです。
Organic Celery seed:セロリの種
セロリの種は、炎症に対して使われてきました。セロリの種にはまた、「抗侵害」効果があるとする研究結果があり、自然の痛み止めの働きをします。
Organic Dandelion root:タンポポの根
タンポポの根は、利尿を促して血液中の毒素を体外に排出する働きをします。またタンポポにはカリウムが非常に多く含まれています。フロセミドのような合成された利尿薬は、それを摂取した個体にカリウムを失わせるなどの副作用がありますが、タンポポの根にはこの副作用がありません。
Organic Yucca root: ユッカ:
ユッカは、メキシコでリューマチの民間治療薬として使われてきた植物です。ユッカにはステロイドサポニンと呼ばれる痛みや炎症の緩和に用いられる成分と、抗酸化作用や抗炎症作用と持つとされるユッカフェノールと呼ばれる成分が含まれています。ユッカフェノールは主に樹皮にしか含まれていません。
Organic Camomile flower: カモミール
カモミールは、ヨーロッパで何世紀にもわたって様々な症状に使われてきましたが、その症状のひとつが、リューマチです。カモミールにはアピゲニンという成分が豊富に含まれていて、強力な抗炎症効果があります。
Organic Ginger root: しょうが
体を温め胃腸の働きを活発にするしょうがは、古代ギリシャではパンとともに食されていました。研究によれば、しょうがは食べものが腸内を通過するのを助け、胆汁を増加する働きがあるとされています。サプリメントの吸収をより効果的にする食べものです。
Organic Sarsaparilla: サルサパリラ
中世ヨーロッパの時代から皮膚病から咳まで、ありとあらゆる病気を治すのに使われていた薬草。ホルモンバランス、免疫の向上、むくみの改善などの効用が近年の注目要素です。1950年代からはガンなど深刻な病気の治療でも注目を集めているそうです。
Organic Elderflower: エルダーフラワー
特にイギリスで身近な薬草で日常的に飲み物としてポピュラー。利尿作用に優れ、抗炎症作業もあります。免疫を高めるとして風邪の時によく利用されています。
Organic Ginger root: アルファルファ
日本でもおなじみのスーパーフード。「すべての食べ物の父」と呼ばれるほど栄養価に優れ、排泄を促す作用もあります。また、カルシウムが骨に沈着するのを防ぐビタミンKが入っています。

その他の材料:炭酸カルシウム顆粒、チキンレバーフレーバー、ビール酵母、ステアリン酸

▼Trial Size (袋タイプ) ▼ (お選びいただける配送方法は「定形外郵便」のみとなります)

トライアルサイズ 7粒 ¥850(税抜)

小型犬(4~9kg)1日1粒で約1週間分

国内配送一律500円(税込)さらに10,000円以上(※)以上で送料無料(※トライアルサイズは含みません。)

お客さまの声

Goromaru’s Story (B&A) 腰の痛みが楽になったようです!

 

秋田犬の五郎丸くん。推定9歳の元保護犬だそうです。
腰の痛みがあり、主にバウンシーで健康管理をされています。

飼い主さまより、嬉しいメッセージをいただきました。

——(ここから引用)—————-

長年ケージに入れっぱなしの生活だったらしく、腰痛があります。

レントゲンでは異常なしですが、時々ドッグ整体を受けています。

五郎丸は、バウンシーをメインに与えています。

以前よりも腰を左右に振らなくなり、歩くペースが速くなったので、
腰の痛みが楽になったようです!!

——(ここまで引用)—————-

 

堂々とした風格の五郎丸くん。
ずっと、元気に歩けますように・・・!

 

 

 

 

 

 

 

Colon’s Story(Bouncy)頸椎障害で痛がることが激減しました!

パピヨンのコロンちゃん、13歳。

頸椎障害の診断で、痛みに備えてバウンシーをご愛用中とのことです。

飼い主さまからのメッセージを抜粋にてご紹介させていただきます。

———– (ここから引用)———–

3歳になる前に頸椎障害と診断され、痛がることがよくありました。
関節に良いサプリを与えたり、病院の薬を飲んだりといろいろ試しましたが、
効果はあまり出ませんでした。

ところが、バウンシーを飲み始めてからは痛がることが激減し、
トリマーさんからも、骨格がしっかりしましたね♪ と言われました。

今では、バウンシー無しは考えられません。

———- (ここまで引用)————–

Noel’s Story (Bouncy Premium) 肩をかばう仕草がなくなり、普通に歩いたり走ったりするように…!

ミニチュアシュナウザーのノエルくん、9歳。

うえらんから糸島様でのセミナーにご参加くださり、
早速、デトックスとバウンシープレミアムをスタートされました。

使い始めて3日で、嬉しい変化が見られたそうです。

以下、飼い主さまからのメッセージをご紹介します。

—————(ここから引用)————

帰宅後、1日絶食し、その後 Bouncy Premiumを与えたところ、3日後くらいから、
今まで寝起きの度に左手の肩をかばうような仕草をしていましたが、それをしなくなりました。
その後、何もなかったように普通に歩いたり走ったりするようになりました。

この後、もう少し継続してBouncy Premiumを与えてみようと思います。

ありがとうございました。

—————(ここまで引用)—————

Chou Chou’s Story (B&A) パフィーズのサプリは我が家のお守りです

バウンシーとアスタミアを5年以上ご愛用のシュシュちゃん。(カニンヘンダックスフンド8歳)

ヘルニア発症の後、再発予防のためにサプリを始めたそうです。
8歳になった今も、再発もなく元気に過ごしていらっしゃるとのこと。
以下、飼い主さまからのメッセージの抜粋です。

———-(ここより引用)—–

シュシュが2歳でヘルニアを発症しました。

約4ヶ月の治療(注射・投薬・レーザー)で症状は落ち着きましたが、少しでも再発のリスクを減らせるならと、
以来バウンシーをお守り代わりにしています。

寒い時期はまた症状が出るのではないかと薄氷を踏む思いでいますが、
飼い主の心配をよそにおかげさまでシュシュは再発もなく毎年元気に冬を超えています。
ミリーはいまのところ健康ですが、シュシュのことがあったので同様にお守りにしています。

シュシュ・ミリは普段はカフェでまったりが好きなインドアワンコなのですが、
今年は熱気球やカヤックにも挑戦したんですよ。
無理なことはさせられませんが、「バウンシーを飲んでるから大丈夫!」と私には確信があるのです。
2匹が健康で一緒にいろんなことを楽しめるのが私の1番の喜びです。

心配なこと?
な~んにもありません、全幅の信頼を寄せていますから。
シュシュ・ミリが健康でいられるのはバウンシーとアスタミアのおかげです。

この子達がいつか虹の橋に行くまで、バウンシーとアスタミアは2匹と共にあります。
今後ともよろしくお願いいたします。

——–(ここまで引用)——–

左:シュシュちゃん 8歳
右:ミリーちゃん  7歳

Chaco’s Story (Bouncy) 迷っていたけれど始めてよかったです!

 

変形性脊椎症の診断があり、予防のためにとバウンシーをはじめたチャコちゃん。
早速、お手手のカイカイに嬉しい変化があったそうです
飼い主様からのメッセージをご紹介します。

———-(以下、飼い主様のメールより引用)——

今月初めにチャコが変形性脊椎症と診断されました。
あとはお手手のカイカイもあります。

バウンシーは皮膚病の子にも。。。と書かれてあったので
ずっとずっとお願いしようか悩んでたんですが
一時的に酷くなる事も。。。って書かれてたので
そうなってしまったらチャコも辛いかなというのと
すぐに止めてしまうとなんだか申し訳ないと
なかなか決断できずにいました。

read more…

Sakura’s Story (B&A) 本当に調子がよくなって飛んだり跳ねたりしています

ヘルニアの手術を乗り越えた、8歳のサクラちゃん(ビーグル)。
バウンシーとアスタミアを飲み続けて、調子がとっても良くなったそうです。

——以下、飼い主様からのメッセージをご紹介します。

サクラは1年前に首のヘルニアと診断され、大手術をして1年が経過しました。
1か月前に歩き方に違和感があり、バウンシー&アスタミアを購入し、飲み続けていたら、
本当に調子がよくなり、飛んだり跳ねたりはねたりしています。

これからも愛用し続けます‼ありがとうございます‼

————(ここまで引用)

手術後のサクラちゃん

 

こんなに元気に走れるようになりました!!

Milfie’s Story (B&A) 気になっていた皮膚炎も お薬なしで落ち着いています

セミナーにご参加いただき、サプリメントをはじめられたお客様。
その後の経過を、お知らせいただきました。

皮膚の状態が悪化し、口の周りもただれたように荒れ、一旦リセットしようと病院にかかられたとのこと。
トッピングも辞めてドッグフードのみ、でも、サプリは続けられていました。

今はお薬は使っていないのですが、皮膚の状態は落ち着いてるそうです。
悪化する気配はなく「サプリがいいのかな〜」と言われていました。

read more…