Daijiro’s Story (B&A) 大きな手術を乗り越え、獣医さんも驚く回復です

Daijiro’s Story (B&A) 大きな手術を乗り越え、獣医さんも驚く回復です

健康診断で腫瘍が発覚した大治郎くん、身体の症状としては全く何も出ていなかったのですが、 悪性の可能性が見つかり… 摘出を勧められ臓器ごと摘出手術になったとのことです。 ただ術後もとっても元気で、手術後も獣医さんがびっくりするほど早く回復したそうです。 飼い主さんより、次のメッセージをいただきました。 ——————————–...

Kurara’s Story(B&A)断脚をしないという選択

「くららちゃん・10歳・女の子」 【くららちゃんのママさんより】 くらら、現在10歳2か月です。7歳10か月の時に、左前脚にできていた腫瘍が、肥満細胞腫グレード3と診断されました。 腫瘍の切除手術をしましたが、皮膚の表面には現れない深部で、広範囲に広がっていたらしく、完全には取り切れませんでした。 そのため、その時に獣医師からの、断脚するか、内科的治療をするかの選択の結果、内科的治療を選びました。そんな時に、くららにとって何か良いサプリメントがないか、探していたところ、パフィーズさんのサプリメントに出会いました。...

An’s story 〜穏やかな日々のために〜(B&A)

「杏ちゃん、11歳の女の子」 パフィーズスタッフです。 今回の「お客様の声」は間もなく11歳になる「杏(アン)ちゃん」です。ご相談での始まりから、スタッフのインタビュー形式でお伝えいたします。 =============================== 【杏ちゃんのママさんからのメッセージ&ご相談】 Too-tickiさんのご紹介でこちらのサプリメントに出会う事ができました(*^^*)...

Mu-to&Rana’story(B&S)
「これだけのこだわり素材… 想いがつまったサプリ」

ムートくん&らなちゃん(9歳&8歳、ラブラドール、ご家族撮影)   ~ママからのお手紙~   「自然療法に切り替えたのは、長女犬らなの肥満細胞腫。 余命宣告を受け、思考回路ゼロ状態 癌=抗がん剤・ステロイド・放射線等。。 化学療法は、なるべく避けたい・・でも化学療法じゃないと・・・ いろいろな思いが全身を駆け巡り、不安・恐怖・焦りでいっぱいになりました。 らなは、5年間想像をはるかに超えた劣悪な環境での生活から、やっと保護。   どうしても、どうしても生きてほしかった。  ...

Bisco’s Story (B&S)
腫瘍で弱った体に生命力が見え始めていました!

BISCOちゃん(10歳、ラブラドールレトリーバー、ご家族撮影) ~ママからのお手紙~   2003年5月8日生まれの女の子、ビスコ。 わが子のように大事に大事に愛しんできたのですが・・・。   もともと今年の6月に顔の下喉周りが少し腫れ診断してもらったところ「唾液腺のう胞」(別名がましゅ)と言われ、 毎週の通院が始まりました。 ただまださして暑くもないのにハアハアとすぐに息が上がってしまうことや体力の低下によりお散歩の距離が...

Kuri’s Story(B&S)
リンパ腫の闘病中、スパンキーで体重を戻せました!

クリちゃん(9歳、ジャックラッセルテリア、♀、ご家族撮影)       ~ママからのお手紙~ 「クリが体調を崩したのは2011年年末のことでした。 当初は風邪による下痢かと思っていたのですが、おさまることのない状況でした。 それに伴い、体重の減少、血液検査の結果ではアルブミン値の異常な低下が確認されました。 結局精密検査の結果、軽度なリンパ腫を主要因とする(ガンですね)たんぱく質漏出性腸症、と診断されました。 もともと4.8kgくらいあった体重が3.2kgまで低下。...