ミルちゃん(ミックス、ご家族撮影)


「スパンキーはいい香りのふりかけみたいな感じでしたよ、ミルは摂取しだしてからまずくて、嫌い(笑)なドッグフードさえ美味しそうに食べましたもん、おかわりまでしてました。」

「実はミルも皮膚が弱く腕の所が一年中かゆかったようでビクタスクリームというお薬をかかせませんでした。どうしても舐めて掻き壊す感じのときはエリザベスカラーをしたりと2歳くらいからずーっと悩みの種でした。がスパンキーを食べてからはきれいに治って毛も生えてました。

 

おばあさんのかかと(^m^ )クスッ と先生が言ってましたが前足の付け根なんか赤くなるほど剥げていました。そこも治って最後はほとんど毛が生えていました。」

2012年6月8日から6月30日に息をひきとるまで飼い主さんが毎日付けていた記録を送っていただきました。それによると食欲の落ちていたミルちゃんのために、牛肉のボイルしたやつや、お肉のゆで汁にスパンキーをかけていたそうです。

「スパンキーって万能ですよね。3月から下痢で毎回散歩でも始末が大騒ぎだったのに、いただいたの食べてからビオフェルミンでも固まらなかった糞が固まったんですよ。最後の29日の糞も半分くらいは下痢便でしたが固まったのも出ていましたからね。嘔吐もほぼ毎日だったけど、スパンキーをちょっとでも食べた次の日は吐かなかったです。」

ミルちゃんは天使になって、わんこたちを見守ってくれています☆