いよいよ夏も本番になった今、ワンちゃんと暮らしている人にとって非常に大切なことをお話ししたいと思います。犬と熱中症についてです。

犬が体を冷やす方法は人間とは異なります。人間は暑い日に汗をかきますが、犬はハアハアと息をすることで体温を下げます。犬の舌は人間の舌よりも薄くて長く、犬が息をすると舌全体に空気が押し出され、舌を通っている血液を冷やすのです。暑い時に犬が短く小刻みに呼吸をするのはこのためです。

犬にも足と鼻に汗腺があります。しかし、人間に比べて犬が体を冷やすのが難しいことに変わりはありません。そのため、夏の暑さの中では通常以上にワンちゃんの様子に気を付ける必要があります。

犬の平熱は約38℃。40℃以上になるのは緊急事態です。熱中症はワンちゃんの命を奪いかねるだけでなく、脳やその他の内臓に永久的な損傷を与える可能性があります。何よりも大事なのは、ワンちゃんの通常の状態を理解しておくことです。以下のような症状が見られたら、すぐに対処する必要があります:

  • 息切れが激しい
  • 起き上がろうとしない
  • 意識を失いかけている

ワンちゃんに熱中症の疑いがある場合は、頭と体を湿らせたタオルで覆ってあげましょう。その後、ぬるま湯のお風呂に入れてあげることをおすすめします。症状を悪化させる原因になるため、冷たすぎるお風呂に入れることは避けてください。冷たすぎるお風呂にワンちゃんを入れると、皮膚の中の血管が収縮し、熱をさらに体内に押し込んでしまいます。

夏、暑い時には外でのワンちゃんの活動を控えてあげることがとても重要です。日中外で走り回らせたりせず、体温が異常に上がっている兆候がないか気を付けていてください。車の中にワンちゃんを置いていくのは言語道断!車内の温度は数分で犬の命を奪うほどに高くなります。