なぜエナジーバーを作ろうと思ったか?月ちゃんとのキャンプ
アウトドアや旅行を楽しむ方に、安心・便利にお使いいただけるPuffy’s Energy Bar。このEnergy Barは、キャンプへ行くと野生化して(笑)ものをあまり食べなくなる月ちゃんに、なんとかアスタミアをたくさん食べてもらいたいと思ったことがきっかけで誕生しました。

月ちゃんのキャンプご飯の定番、アスタミアをたっぷりふりかけたお肉

大好きなチキンやお肉にアスタミアをたっぷりかけたものがキャンプの時の定番ごはん。でも、食べる時は大喜びですが、普段の半分くらいを食べてあとはテントに直行(!)。キャンプは大好きなので常にものすごい元気とパワーはあります。
 
野生生物は動けなくなるほどお腹いっぱい食べることは、あまりありません。野生に生きているといつ何があるかわからないからです。それが何万年も種として生き残ってきた生きものの生存本能でもあります。後からお話する、免疫に適度な負荷をかけることの利点でもあり、強い生命力を呼び覚ます時間を私たち飼い主が積極的につくることの大切さです。

ワンたちに、さらに元気になってほしい。そのためには、もっと野生に少しでも近づけるアクティビティが必要。現代のワン・ニャンの中には、ともすると全く土を踏まない生活を送り、決まりきった狭い世界で生きることを強いられている子が多くいます。

エナジーバー誕生
そこで、自然の中での時間を応援するために生まれたのがパフィーズのEnergy Bar。ワンとアウトドアや旅行を楽しむ人には共通の3大心配が、怪我・感染症・虫さされ。 もちろん、いずれにしても気をつけつつ楽しむことになるのですが、せっかくそのどれにも配慮した素材を入れているアスタミアがあるのだから、と考え、試行錯誤を繰り返して1年がかりで完成しました。またこれは、災害などの非常時にそのまま食べられるアスタミアの塊!としても使っていただけることを目指しました。

Energy Barの材料:シープレバー、カボチャ、オーツ、ガーリック、アスタミアプレミアムなど

筋を取り除いたレバーとカボチャを煮て、ピューレにしたものにオーツを混ぜたら、ワンちゃんが大好きなココナツフラワー、ココナツオイルを加えます。最後にサプリメントをしっかり練りこみます。サプリメントの量は全体量の1/4!大量のサプリメントを生地に練りこむのが意外に力仕事💦スタッフ皆で心と力を込めてしっかり焼き上げました!

ワンの飼い主として心配なのは食いつきぶりですが… 味にうるさい看板犬月ちゃんは理想のモニターです。彼女はホネなど噛み応えのあるおやつを庭の土の上で食べるのが好きですが、時々それを土の中に埋めて後から出して食べています。この時必ず、すごくエキサイトしているのが、犬の野性を感じる瞬間。試しにエナジーバーの試作品を庭で走り回っているタイミングで投げてみると、エキサイト!全分量の1/4以上がアスタミアプレミアムという比率でも、このエナジーバーは「庭+アウトドア=楽しい時間」という印象の植え付けもあり(笑)大好きなようです。ちなみにスタッフもみんなで味見してみましたが、レバーとかぼちゃの風味が強く、とてもおいしかったです。

パフィーズ Energy Bar。より安心して、アウトドアを楽しめるように。旅行だって彼らに楽しい体験をさせ屋外の時間が増えるなら、もちろん免疫にとってプラスです。